葵祭や祇園祭と並ぶ大きなおイベントとして知られて

京都で例年、開催される時代祭は、葵祭や祇園祭と並ぶ大きなおイベントとして知られています。
時代祭は、京都三大祭のひとつであり、京都安穏神宮の大祭だ。
時代祭はどれくらい前から行われていたのでしょうか?
1895階級に、安穏神宮創設って安穏遷都から1100階級を歓喜やる催し物として行われたのが最初とのことなので、歴史があるおイベントだということがわかりますよね。
第1回目の時代祭は、10月々25お天道様に行われましたが、次回からは10月々22お天道様になったそうです。
桓武天皇が、そのいつか、794階級に当時の都を長岡京から平安京へ移したのが10月々22お天道様だった結果、この日が時代祭となりました。
では、こういう伝統的なおイベント、京都の時代祭は、真にいかなることが得るのでしょうか?
「ご鳳輦」と呼ばれるものに桓武天皇・孝明天皇のご神霊がのぼり、「ご鳳輦」のお供にそれぞれの時代の行列がつきます。
京都市街のピース、達成を時代特別望めるようになっています。

明治維新の行列からスタートし、江戸時代、安土桃山時代、室町時代、それから、吉野、鎌倉、藤原、延暦と、8つのもの時代に分かれている。
こういう20の列が京都の時代祭の切り札なのです。
行列は、人だけではなく、牛や馬も登場し、2000言い方あまりのほうが潜入されます。
長さで出すといった2キロメートル以上となり、行列を一切見るとなれば所用時間は3時間にもなるそうです。
こういう行列の被服等は、凄く綿密に作られています。

京都の時代祭の行列は、それぞれの時代考証をたっぷり行い、荷物や被服、祭具を作り込んだとか。
点数にすると100002000地点の荷物や被服が使われて、細部まで丁寧に再現されているとのことですから、ここにも伝統的なワザが生かされているのだと思います。
京都時代祭の行列は「生きた時代絵巻」と呼ばれている。
「時代祭宣状添付祭」では、行列のメインとなる参役の約500言い方が安穏神宮のご神前に出て、行列の安泰な執行を祈願行なう。
ここでは宮司から宣状がそれぞれに添付されます。
「時代祭奉祝ダンス足固め」は、安穏神宮境内で行われます。
被服をまとった婦人、300言い方による民踊列が披露されます。
「時代祭昨日祭併献花祭」は祭の安泰の執行を祈っての献花などが安穏神宮で行われている。
「神幸祭」は、2基のご鳳輦に個々、桓武天皇、孝明天皇のご神霊を飛ばす祭礼が行われます。
その後、神幸列が安穏神宮を出発し、京都御所へ到着します。
「行在所祭」に参列するのは心服ヒューマンと原住民社長で神饌講社によって、神饌が献じられます。
白川奥様の献花奉仕も行われます。

これが終わると、行列進発だ。
時代行列が京都御所を出発し、安穏神宮を目指します。
途中の御池寺街路や安穏神宮前では、奉祝ダンスが披露されている。
「大極殿祭並還幸祭」は時代祭のすべての行列が到着した後に行われます。
御鳳輦を大極殿へ奉安、延暦文官参朝列の三近辺までが社長して、祭文を奏上行なう。
そして、ご鳳輦によって御霊代を本殿にお戻しして、祭典が終わります。
翌日は「時代祭後日祭」が行われます。
祭典が無事に終了したことを奉告して、祭具を片づけ、保全行なう。
京都の時代祭はこんな流れで行われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です