前向きな原理をさらに持ち、こういう物言い

「アファメーション」は、自分に向けて前向きな言葉を意識的に選び、その言葉を何度も言い重ねる実り、自分自身の体系やデリカシー、心中を変えて、自分のポリシーを叶えられるように始める方策です。

具体的な手段としては、「我々はどんなことでも可能にする力を持っています。」「我々は絶えず元気で体です。」といった前向きな体系を終始持ち、こういう言葉を意識で何度も唱えたり、声に出したり、用紙に書いたり設ける。

自分のポリシーを強く持ち、それに当たるアファメーションによって行くことによって、売り込みや恋愛、ライフスタイル、自分の気構えなど、自分のポリシーがどんなことでも叶えられるようになります。

も、言葉を申し立てるだけでどうしてもポリシーが叶うのだろうか、というかもしれません。私たちは、自分では気づいていませんが、自分の有する落ち込みに対して、元来解決できる力を抑えて、自分には到達できないと決めつけていることが多いのです。

アファメーションは、ポイントの言葉や前向きな言葉、落ち込み到達に導く言葉を意識的に伝えることによって、身を無意識のうちに抑えつけていた解離の言葉から解き放ち、これまでの意識を変えていくものです。わかりやすく言うと、無理だと思い込んであっという間に「できない」という諦めていたことを、「見込める」って話し掛けるようにすることによって、心中から通じるということです。

アファメーションで重要なことは、終始エネルギッシュで細かい人格をもつことを習慣づけることです。アファメーションを行う実り、人格が晴れて身との向き合い方も走るでしょう。

アファメーションを始める前に頭に入れておいてほしいことがあります。それは、自分のことを十分に知っておく必要があるということです。望んでもいないことをアファメーションしても意味がありません。エントリーを実現させるためには、表紙とやめを正しくさせて、そのエントリーを実現するまでの地図を考える必要があるのです。

「自分のいるフィールドは無名」「その場所に協力してもらえる自身はいるか」「どこへ向かっているのか」ということです。地図を出し始めた段階では、やめまでの道順までは考えなくても良いです。どのようにしてやめに向かうのか、は誰もが殊に考えるポイントですが、本当に大事なのはやめです。自分が願う本当のやめは何なのか、自慢にとらわれたり見栄を張ったりするなど、他人に左右されるところのない要望を明確にしてください。

「そんなの簡単な結果は?」と思われるかもしれませんが、それは違う。なぜかと言うと、自分でその地図を完成させることができるのなら、あなたの要望は押しなべて実現したと同じことだからです。

やめへ到達するための方策は図る必要はありません。なぜなら、要望を実現させる方策はどうにでも切り替えることができるからです。でも、“表紙”は自分の今の状況で、“やめ”は自分の将来の要望ので、変更することはできないのです。

アファメーションを始めるのなら、ともかく、自分自身の要望をはっきりさせてください。人から言われたテーマを目指したり、作り上げられた回廊を辿ったりしても、到達した類はハートとは言えません。自分が一体全体願うことを調べることが大切なのです。