庭園もあり、なんとなく内を過ごすことができます。

「パラティーナ美術館」は、イタリアのフィレンツェにおける美術館です。
ピッティ御殿の中にある美術館。
各座敷に装飾小物として図説か飾られている。
「ルカ・ピッティ」というフィレンツェの大店舗の私邸をエレオノーラ妃が買い取り改修して建てられたのがピッティ御殿です。
トランスポーテーションを歩いているという突如目の前に迫力のある住まいが目に入ります。
ピッティ御殿には、ミュージアムや美術館が7つも入っています。
庭園もあり、ゆっくり寸法を過ごすことができます。
図説を見ながら華やかな剰余の内輪イタリア場合しさを感じ取れる地域です。
パラティーナ美術館の内輪は、辛い最高から大きなシャンデリアがさがっていて、御殿らしい内面となっています。
ここには1500ご時世から1600ご時世に描かれた図説が1000勤め先これら収蔵されています。
各大公や君主が購入した図説、彫刻に加えて、遺産引き継ぎで加わった物品もあります。
イタリア、ルネサンスの傑作、マニエリスムの傑作なども多数あります。
但し、図説などアート小物の開示があちこちに点在しているデータ、見にくくて鑑賞しにくいというクチコミを仰るパーソンも来る。
作品のがたいごとに失調に展示されているようです。
開示室は28あります。
大きいイラストレーションは、御殿さっきにおける大きな座敷へ、その他はメディチうち、ロレーナうちなど美術館を開館させたうちの目当てに沿って掛かる。

<開館文章>
・月曜日から金曜日、第0土曜日。
(休館サンシャインは月曜日という1月額連日といった5月額連日といった12月額25お日様)。
・月曜日から金曜日は正午15的中から19状勢まで、第0土曜日は8状勢半から14状勢まで開館。
・入館金額は8.5ユーロ。

<展示されてかかる主な作品>
・ラファエロの「小椅子の聖母」。
・ティツィアーノ「マグダラのマリア」、「イギリスパーソン男子」。
・アンドレア・デル・サルトの「パンチャティーキうちの聖母」、「パッセリーニの聖母」、「妊娠通報」。

ミラノに新しくできた美術館が「ガッレリア・デイタリア美術館」です。
ミラノのメインゾーンにおける「スカラ座」の間もなく脇にできた新しい美術館です。
最高の立地にあります。
ガッレリア・デイタリア美術館は、近代美術館で内輪は23の座敷に仕切られている。

今までミラノにはイタリアを代表する美術館として「ブレラ美術館」などがありました。
今までの美術館では主にイタリアの古典宗教イラストを描く6世紀ぐらいからルネサンスにわたっての作品を中心に収蔵していました。
ガッレリア・デイタリア美術館では、1800ご時世、1900ご時世の作品を中心としている。
作品は主にミラノにおける銀行に保管してあった物品や個人が収蔵していたものを集めて展示していらっしゃる。
そのため今までそれほど人目に触れなかった渋い作品がたくさんあります。
イタリアが戦後に近代ポップアートの中心となった寸法のキャリアーを知ることができます。
フランスの印象派の影響を受けた図説がたくさんあります。
美術館の内輪はとてもきれいで、出口近くにはブックゾーンやエスプレッソが飲める周辺もあります。
近代アートがお異性におすすめの美術館です。

<開館文章>
・火曜日から土日。
(休館サンシャインは月曜日という12月額24お日様といった12月額25お日様という12月額31日光光って1月額連日って5月額連日。)
・9状勢半から19状勢半まで開館(入場は閉館の1寸法先でやめ)。
木曜日のみ22状勢半まで開館。

<展示されて要る主な作品>
・ロンバルディア図説がメイン、彫刻、モニュメントもあり。
・当時のミラノの町を描いた物品、大聖堂を描いた物品あり。